Illustrator・Photoshop意外と知らないショートカットキー5選

2018年3月27日

Illustrator、Photoshopにはたくさんの便利なショートカットキーがありますよね。
ショートカットキーをマスターすれば時短が捗り、業務の効率が大幅アップします!

この記事では、意外と知らないけど絶対役に立つ!ショートカットキー5選を紹介します!
※Windowsの方はCommandをCtrlに変えて読んでね!

ツールをキーボード1文字で切り替える

ツールアイコンにマウスをのっけておくと、ツールの名称が出ます。
その後ろの( )で囲まれた文字、気にしたことありますか?

実はこれ、ツール切り替えのショートカットキーです。

バージョンや環境によっては半角にしておかないと言うことを聞かない可能性がありますが、
別のツールにしていてもキー1文字打つだけで簡単にツールを切り替えることができます。

しかも、

  • ペンツール:【P】 (Pen)
  • 文字ツール:【T】 (Text)
  • ズームツール:【Z】 (Zoom)

といった具合に非常に覚えやすい!

意外とちっちゃいツールアイコン、わざわざクリックしにいくよりキー1つで切り替えた方が絶対に早いですね!

文字サイズを大きくする・小さくする

フォントサイズ、どうやって変えてますか?
数値指定もいいですが、もっと直感的にフォントサイズを変えたいときもありますよね。

そんな時使いたいのが Command + Shift + 【<(小さく)】or【>(大きく)】です!

しかもこれ、フォントサイズがバラバラな場合にも有効です。
バラバラを保ったまま、それぞれのフォントサイズを大きくしたり小さくしたりできるのがミソです。

これは使わない手はない!!と自信を持って豪語します。

ブラシサイズや消しゴムのサイズを最も簡単に変える

こちらはPhotoshopオンリーのショートカットです。ごめんね。

現在のブラシの大きさが画面上に○で表示されるツールがいくつかあります。
ブラシ、消しゴム、コピースタンプ、修復ブラシ…などなど。

これらのサイズ、実は【「(小さく)】【」(大きく)】で変えることができます。

こちらも半角になっていないと言うこと聞かない可能性があるのでご注意。

同じ位置にペースト

今度はIllustratorのショートカットキーです。Photoshopだとちょっと違うショートカットになります。
これ、使ってない人は今すぐ覚えるべきショートカットです!

オブジェクトを Command + C からの Command + V すると、オブジェクトは画面の真ん中に貼り付けられます。
え?そんなの意識したことなかった?よくみてごらんなさい。実はコピペすると画面の真ん中に張り付いてますよ。

有名どころで、選択ツールでAltを押しながらドラッグして複製する方法もありますね。しかしこの方法では複製したオブジェクトが必ずずれてしまいます。

しかし、ぴったり同じ位置に重ねたいときや、位置を変えずにレイヤーを移したいときと言うのが、生きていればいつか必ずくると思います!!
貼り付けてから整列する?そんなのはめんどくさいと思いませんか!

そんなあなたに使っていただきたいのが Command + Shift + V です!
普通のペーストにShiftを加えただけです。

編集 → 同じ位置にペースト の存在を知っている方は多いと思いますが、ショートカットキーがあるのを意外と知らない人が多いです。
こちらも非常に使えるショートカットキーですのでぜひ覚えてください。

ちなみにPhotoshopだと「選択範囲内にペースト」のショートカットキーになるのでお間違いなく!

重ね順をキーボードで変える

「それ逆じゃねーの」って言いたいショートカットキーNo.1です。

まとめて全部お伝えします。

  • 最前面へ:Command + Shift + 【」 】
  • 前面へ:Command + 【」】
  • 背面へ:Command + 【「】
  • 最背面へ:Command + Shift + 【「】

押してみて?何となく逆っぽい感じするでしょ?
こちら、私が思う知っててよかったNo.1ショートカットです。

※Illustrator:同一レイヤー内、Photoshop:同一グループ内です。

 

さて、Illustrator・Photoshopの意外と知られていないショートカットキー5選をご紹介しましたが、いかがでしたか?
どれも今すぐにでも業務に取り入れていただきたいものばかりです。
役に立ちそうなものがあれば、ぜひ使ってみてください!

以上!

DTP, Web, デザイン

Posted by QRI