Windows同士でもAirdrop的なファイル共有をする

Airdropという超絶便利機能があることをご存知ですか?
Mac、というか、Apple製品同士ならBluetoothを使ってファイルの共有があっという間にできるという神機能です。

動画などの重ためのファイルでも、フォルダそのままでも、何でも簡単に共有できてしまうので重宝しています。
スマホ・PC間のファイル共有もあっという間です。

これだからAppleユーザーはやめられない。

でも実は、Windowsでも似たようなことができたので、備忘録を記しておきます。

お互いのBluetoothをオン

「Windowsの設定」→「デバイス」→「Bluetoothとその他のデバイス」と進みます。
そしてBluetoothをオンにしましょう。

“(PC名)として発見可能になりました”と出ていればOKです。

続いて、「Bluetoothでファイルのを送信または受信をする」をクリックします。
すると、「ファイルを受信する」「ファイルを送信する」の選択肢が表示されます。

ペアリングする

以降、便宜上、ファイルを受信する方のPCを「受信ちゃん」、送信する方のPCを「送信ちゃん」とします。

受信ちゃん側で「ファイルを受信する」、
送信ちゃん側で「ファイルを送信する」をそれぞれ選びます。

受信ちゃんは、「ファイルを受信する」を押すと「接続の待機中」という画面が表示されます。
こちらはあとは待つだけです。

送信ちゃんが「ファイルを送信する」を押すと送信先の候補が表示されるので、受信ちゃんを選び、「次へ」を押します。
送信したいファイルを選びます。

※フォルダは送れないようです。フォルダを送りたいときは圧縮してzipファイルにしちゃいましょう。

ファイルを選択して「次へ」を押すとペアリングが始まります。
両PCにこのような通知が表示されます。

この通知をクリックし、次の画面に進みます。
初回のみ次のような画面が出るので、「許可」します。

「許可」すると、次の画面が表示されます。

お互いのPCに表示されている6桁の数字が一致していれば、「はい」を押して続行しましょう。
セットアップ中は、↓の画面が表示されます。

↓の画面が表示されればペアリングは成功です。
画面を閉じると送信が始まります。

これでペアリングは完了です!
この工程は、2回目以降は必要ありません。

ファイルを送受信する

Airdropと比べてちょっとだけコツがいるようです。

それは、受信ちゃん側が先に「ファイルを受信する」を選んで待機中になっていること。

送信ちゃんが先走ると1回失敗するようです。
繊細。

ペアリングが済んでしまえば、あとはファイルを右クリック→送る→Bluetoothデバイスからも送信できます。

もちろん、WindowsとMac間でもやり取りができます。

 

これで、いちいちドライブに上げたりUSBに移したりしなくてもWindows同士でファイルの共有が簡単にできますね。

Airdrop的なものをWindowsでお探しの方はぜひ試してみてください!

PC

Posted by QRI