Google様が作成して下さったWordPressプラグイン「Site Kit」を導入する

Google様がWordPressのプラグインとしてSite Kitを正式リリースなさったので、当ブログにも
導入してみる事にします。導入の流れもまとめてみました。

そもそもSite Kitで何が出来るのかというお話

Site Kitを導入すると、Google様のサービスである
・アナリティクス
・サーチコンソール
・スピードインサイト
・アドセンス
などをWordPressの管理画面から確認出来るようになります。これは便利。
今までもベータ版としては提供されていましたが、いよいよ正式公開となりました。

インストールも簡単

管理画面→プラグイン→新規追加から「Site Kit」と検索するとヒットします。

「今すぐインストール」をクリックするだけ。有効化を忘れずに。
インストール・有効化が完了すると、管理画面のメニューにSite Kitが追加されます。

初期設定も簡単

基本的に画面に沿って進めていくだけです。

こうなって

こうなって

エラー
エラー???

エラーの原因はREST APIかも

An error occurred: We are unable to send credentials to your WordPress site.
なんちゃらと表示されていますね。
どうやら、WordPressのセキュリティ設定が問題のようです。

要はREST APIがどーたらこーたらなので、REST APIのアクセス制限をOFFにします。
当ブログはエックスサーバーを使用していますので、エックスサーバーの管理画面へログイン。
サーバーパネルから

こちらの「WordPressセキュリティ設定」に入り、

対象のドメインを選択し、

REST API アクセス制限をOFFにします。
(※設定が終わった後、ONに戻しても問題なさそうです)
再度WordPressの管理画面に戻り、Site Kitの設定を進めてみるとエラーは表示されず
次の画面に進んでGoogleアカウントの選択画面になりました。

こんな具合でSite Kitにアクセス権限を付与してあげると、

Google様にようこそと仰って頂けました。これでバッチリですね。

あとは色々なサービスを管理画面から確認出来るようになります。
ご丁寧にGoogle様は「おめでとう」と仰って下さいました。

とても便利なプラグインなので、是非導入してみて下さいね。